トップページ カウンセリング 住まい別、最適な布団セット

昔ながらの家」「一昔前の家、マンション」「断熱された家、マンション

昔ながらの家

伝統的な昔ながらの家は、木造・土壁なので、呼吸する家と言われています。そのような湿気ない家は、長年から親しまれている綿100%の布団が、最適です。

昔ながらの家の性質

  • 湿気:こもらない
  • 温度:冬は寒い

最適な布団セット

  • 綿掛け布団
  • 羊毛肌掛け布団(毛布として)
  • 羊毛ベッドパッド
  • 綿敷布団

一昔前の家、ハイツ、社宅

経済成長期では、家・ハイツ・社宅 建築は、密閉性が重視されてきました。そのような湿気がこもる家・マンションには、放湿性の高い獣毛100%の布団が、最適です。

一昔前の家、ハイツ・社宅の性質

  • 湿気:こもりやすい
  • 温度:冬は寒い

最適な布団セット

  • 羽毛布団
  • 羊毛肌掛け布団
  • 多層式健康パッド

断熱された家、マンション

近年の家・マンションは、省エネルギーを重視するため、かなり断熱されています。そのような冬でも暖かい家・マンションには、羽毛布団では暑すぎるので、薄めの綿掛け布団が最適です。

断熱された家やマンションでも、北側の部屋・1階・角部屋では冷えるので、通常の掛け布団が良いでしょう。

断熱された家、マンションの性質

  • 湿気:こもりやすい
  • 温度:冬でも、あまり寒くない

最適な布団セット

  • 綿掛け布団 (北側の部屋は羽毛布団)
  • 羊毛肌掛け布団
  • 多層式健康パッド

↑このページのトップへ↑


布団カウンセリング、トップページ