トップページ カウンセリング 布団選びは寝室の構造から

昔ながらの家は湿気にくい

伝統的な昔ながらの家は、柱が木、壁が土など、全て天然素材で作られています。また、冬の寒さよりも、夏の暑さを乗り切ることを重視した造りに、なっていることが多いようです。

そういった家では、家が呼吸していると言われており、年中、湿気が少ないと言われております。

交通網が発達していなかった時代は、お客様は日帰りすることが、ほとんど無かったそうです。そのため、どの家にも、お客様用の空き部屋があり、広い収納スペースには、お客様用の布団が沢山入っていたそうです。

気密性が高く、押入のない、現代の家

寝室の湿気

現代的な造りの家では、保温性や気密性を高くすることと、強度を保つことのみに、専念されていると感じます。そのため、湿気については、排気ファンを付ける程度で、何も考慮されていないと言っても、過言ではありません。除湿は、エアコンに頼る必要があります。

また、現代的な造りの家にお住まいの方で、「押入の収納スペースに余裕がある!」と言える方は、どれぐらいおられるでしょうか?。マンションでは、ほとんど押入の収納スペースはないと言えます。ベッドを置いて、部屋を狭く使っていることが、多いと思います。

綿布団の性質

綿は、湿気をよく吸い、その湿気をあまり放出しないことが、知られております。そのため、綿布団は、頻繁に干す必要があります。

ところが、核家族化が進み、家族全員が多忙な現在で、布団を頻繁に干す余裕が、なくなりました。そして、家に湿気があると、綿の布団は、湿っぽく重たい、つまり寝にくい布団になります。

理想的な布団
放湿性とオールシーズン

布団を選ぶ大きなポイントは、湿気にあるようです。その湿気を、うまく放出してくれる材質のものであれば、どのような寝室でも対応できると、簡単に考えられます。

冬に毛布、夏に肌布団を購入していると、お金や押入の収納スペースが、いくらあっても足りません。夏でも冬でも、同じ布団が使えたら、それは理想的であると言えます。

これら全ての条件を満たす布団の組み合わせは、そこで、当店では、次の布団4点セットを、お勧めしております。どれも放湿度性が高く、この4点のみで、オールシーズンでご使用頂けます。

当店お勧めのシングル布団セット
布団中綿価格
羽毛布団ダウン85%
(ホワイトダウン)
¥81,600
多層式健康パッド羊毛100%¥39,000
羊毛肌掛け布団
(ビラベック、ゾマースペシャル肌ふとん)
羊毛100%¥30,000
そば枕(※)そばがら100%¥1,800
カバー4点セット綿100%¥20,000
-合計¥172,400

※そばアレルギーの方は、蒸れの少ない枕をお使いください。

↑このページのトップへ↑


布団カウンセリング、トップページ